携帯スマホの平均月額料金と料金高いよ問題について・・。

このサイトでは、auから乗り換え お得な情報をまとめています。
まずは、携帯の平均料金について書いてあるので、「どこがお得か早く教えてよ!!」という方は、下に進んでください。

 

 

ただ、友達に、auから乗り換えでお得でおすすめの所はどこ?と聞かれたらとりあえずここを薦めますけどね。
→私的に第1位のauから乗り換え先はココ!

 

 

さてさて、私の毎月の携帯料金は7000円くらいです。周りの友達にきくと「1万円くらい」とか、「8000円」とか言う数字が多いので、全国平均はどれくらいなのか調べてみました。

 

総務省の調査で家計におけるICT関連支出というのがあり、その中で電話通信料として統計がまとめてありました。

 

携帯、スマホ料金の全国平均(総務省調べ)
平成26年:7187円
平成25年:6925円
平成24年:6790円

 

ということでした。

 

「平成26年の電話通信料の支出額は前年比1.2%増の11万3,775円、世帯消費支出に占める割合は3.77%と昨年とほぼ同水準になっている。内訳をみると、移動電話通信料26への支出は、平成17年以降増加傾向となっている。また、移動電話通信料への支出は、固定電話通信料27への支出の3.1倍となっている」

 

ということなので、私は平均くらいでしたが、家計に占める割合がまぁまぁ多いといえると思います。

 

もう一つの調査でMMD研究所は「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」では、大手3キャリアの携帯電話の利用料金の平均は平均7876円という結果を発表していました。

 

 

さすがに携帯料金があまりに高いということで、最近は格安スマホや格安sim等も出てきています。
そんな中から、auから乗り換え お得な所をまとめてみようと思います。

 

 

このサイトで取り上げるのは

 

このサイトで紹介するauから乗り換えな方法
  • 割と古くからあるmnpを使ってソフトバンクに乗り換える方法
  • 携帯サブブランド/格安スマホでauから乗り換えで格安な所
  • auから乗り換え 格安simに乗り換えて格安な所

 

の3つです。それで行ってみましょ〜!!


auから乗り換え mnpソフトバンクの最高値はどこ?

mnp(携帯電話番号ポータビリティー)というのは、今自分が使っている携帯電話の番号をそのままに他の携帯会社に乗り換えることです。

 

auからソフトバンク、auからドコモなどに乗り換えると、キャッシュバックや特典、乗り換え割りなどが付くので、月額料金が割安になります。

 

auから格安スマホや、格安simもMNPが使えるのですが、auからソフトバンクの時ほどうまみがないためここではあえて紹介しません。

 

 

昔は、auからドコモへ乗り換える時も、キャッシュバックが結構ついたのですが、ドコモはキャッシュバックを辞めてしまったので、今なら、auからソフトバンクに乗り換えるのが一番キャッシュバックや特典などがお得になっていますよ。

 

色々な大人の事情で○○万円キャッシュバックというのは、書けなくなっているのですが、実際にメールで問い合わせると教えてくれるので興味がある方は聞いてみるとよいと思います。

 

なみに、3万6千円のキャッシュバックがあれば、2年間で毎月1500円の割引と同じなので、
7000円の月額料金なら、4500円で契約できるのでかなりお得感があります。

 

 

ソフトバンクは、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の1つなので、サポート店舗の充実、電波状態が格安simよりもダントツ良いなどのメリットもあるのが特徴です。

 

それでは、キャッシュバックが高いソフトバンクショップを紹介します。

 

おとくケータイ.net


auから乗り換えお得にソフトバンクの携帯に乗り換えるなら最初にチェックしておきたいのは
おとくケータイ.netです。

 

ソフトバンクの公式キャンペーンにプラスして、キャッシュバックが
最大○万円もらえます(^^♪また、プレゼントキャンペーンなどもあります。

 

スマホだけでなく、ガラケーへの乗り換えもキャッシュバックがあるので
人気が高いです。

 

CB(キャッシュバック)は、現金で後日振込みです。

 

ケータイショップといえば、お客さんに対する対応はどうか気になるところですが、
おとくケータイnetの場合、ソフトバンクの代理店の中で、お客様満足で1位にな
っているので、対応も評価が高いです。

 

 

携帯ショップといえば、ちゃらい兄ちゃんから、接客されて
感じが悪かった…ということが時々あるのでそのあたりも安心ですよね。

 

営業所は全国にあるので、事前に連絡してから行くと、待ち時間も0分
なるので、気になるかたは、あらかじめ連絡してから行くとよいですよ。

 

キャッシュバック:最大○万円
取り扱い機種;公式サイトと同じ(最新機種をほぼカバー)
キャッシュバック:現金(後日振込み)

 

⇒おとくケータイネットの詳細はコチラから

 

 

 

乗り換えking


乗り換えキングも、auからのりかえソフトバンクのMNPに強いショップです。
キャッシュバック金額もかなり高額になっています。

 

 

のりかえKINGの場合、訪問契約と言って、自宅や会社などに
お店の人が来てくれて契約してくれるので、忙しい方は良いと思います。
土日に携帯ショップに行くと、人が多すぎて疲れますからね・・・。

 

対応地域:全国

 

⇒乗り換えkingの詳細はコチラから

 

ソフトバンクショップオンライン

 

ソフトバンク直営のお店です。
地味にいろいろ特典があるので意外とよかったりします(笑)

 

あと、何と言っても24時間365日契約できるというのが
強みだと思います。

 

仕事が忙しすぎて携帯ショップに行く暇がないよ〜とか、
2年縛りの無料で携帯を変えられる期間が、もうすぐ切れてしまうと
言った方に良いと思います。

 

MNPのキャッシュバックはそんなに多くないのですが、他社からのりかえ(mnp)
の月々割りなどはあるので、機種代金の負担はかなり少なくなってよいと思います。

 

時間的な余裕がある場合は、1位、2位のソフトバンクの公式代理店の方が
ソフトバンクの公式キャンペーン+代理店独自キャンペーンの2つがもらえるので、
全体的におとくになってよいですよ。

 

⇒ソフトバンクショップオンライン詳細はコチラから


携帯サブブランド/格安スマホでauから乗り換え お得に!

携帯代は安くしたいけど、設定が面倒だったり、データ速度が遅くなるのは嫌だ!!という方は、
携帯サブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)が良いと思います。

 

特に設定がほとんどいらないので、初心者の格安スマホでビューには最適です。
料金的には1980円〜なのでかなり安くなりますよね(^^ゞ

 

 

格安スマホや格安simは、価格が安いものの、データ通信速度が遅い、サポート店舗が少ない、設定などが分かりづらいという欠点があります。

 

良くわからない人が、格安simに申し込んでこんなはずじゃなかった・・・と国民生活センターに苦情言っているとニュースになったのは、記憶に新しい所です。

 

 

ただ、携帯のサブブランドといわれる、ymobile(ワイモバイル)と、UQモバイルは、3大キャリアの電波のつながりやすさと、格安simの価格の安さのちょうど中間位の良いバランスを持つ会社です。

 

どこの子会社かというと・・・

 

ワイモバイル:ソフトバンクの子会社
UQモバイル:auの子会社

 

特に、UQモバイルは、回線を借りているMVNO業者のくせに、データ通信速度が速すぎると、他の格安sim業者からクレームが入るくらいですから、利用者にとっては見逃せない所です。

 

ワイモバイルの方は、元々ウィルコムやイーモバイルという会社の名前が変わったものなので、その時の回線とソフトバンクの回線を利用しているので、データ通信は早いです。

 

 

ということで、価格も安く、ほぼほぼ3大キャリアと同じ感覚で使えるので、携帯代は安くしたいけどデータ速度が遅くなるのはいや!という方は、UQモバイルかワイモバイルが良いと思います。

 

格安スマホのUQモバイル↓
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル

 

ニャンキュッパーのワイモバイルオンラインストア↓

 

 

 

 

 


auから乗り換え 格安sim/格安スマホ特集 シェアの高いのはどこなの?

スマホの設定に詳しい人、勉強してもよいよという方は、auから乗り換え 格安simが良いと思います。月額料金は格安SIMは平均2957円(MMD研究所調べ)なので、3大キャリアを使うよりも月額4000円程度安くなります(^^)

 

 

ただし、格安simの業者数は、なんと600社以上あるらしいです・・・。
あまりに多くて微妙な業者も交じっているのではないかと思われます。
たぶん、絶対微妙な業者ってあると思います!

 

さすがに、変な業者で契約するのもいやだと思うので、数ある格安SIM業者の中から、利用者の多いシェアベスト3を厳選して紹介します。

 

シェアが多い=利用者が多い=多くの人が満足している=サービスが充実している
ということなので、まずはこの3社から格安SIMを選ぶと失敗しないと思いますよ!

 

 

 

楽天モバイル

 

メインで利用している格安SIMサービスのシェア1位なのは楽天モバイルです。
ドコモの回線を利用していて、利用料金がそのまま楽天ポイントになる所などが人気の秘密ですね。

 

楽天モバイルに興味のある方はこちら↓

 

 

OCNモバイルone

 

 

OCNモバイルoneはシェア第2位です。こちらもNTTドコモの回線を使っていて通信が安定しているという理由で選ばれています。あと、10分間のかけ放題のプランとかも人気ですよ。

 

OCNモバイルoneに興味のある方はこちら↓

 

 

mineo(マイネオ)

 

マイネオは、ドコモとauの回線が使えます。端末セットを契約してもよいと思いますが、今使っているauの端末が新しかったり、愛着があるならmineo(マイネオ)に乗り換えてそのまま使うこともできますよ(詳しくは事前にマイネオに確認してくださいね)
料金プランもデータ通信料に合わせて、7段階あるので使いやすく設定できるのも魅力だと思います。

 

mineo(マイネオ)に興味のある方はこちら
↓           ↓


スマホの通信料を減らすための工夫。

せっかく、au乗り換えお得でmnpをしても、通信代がかかってしまっては何もなりません。
ここの記事では、スマホの通信代金を節約する方法を紹介します。

 

まず、私の場合は電話代金よりも、通信代金の方が多く掛かっているので、月額料金を節約する為の工夫としては通信の仕方を工夫しています。現在使っているスマホは、それ単体でも通信を行うことが出来るのですが、その通信料金については2段階料金となっており、使いすぎると通常の基本料金よりも高くつきます。そこで、自宅などでそれを使って通信を行う時には、使っているルーター経由のWifiを利用して通信をしているのです。

 

 

 

スマホにはその通信方法を切り替える設定がありますので、自宅で使う時にはその設定だけを切り替えて、ルーター経由でWifi通信を行っており、それをする事で無駄な通信費用が発生するのを抑えています。設定を切り替える必要はあるものの、それだけで月額料金を千円程度安くできるので積極的にやっています。

 

 

 

また、電話代金についても携帯電話会社が提供している電話回線を利用して通話するのではなく、ネットテレビ電話アプリを使って電話をしています。同じアプリを利用することが出来るスマホを持っている友達同士であれば、通話料金が無料になるのでそれを利用すればもっと月額料金を安上がりに出来ます。

 

 

 

そして、そこで浮いたお金でスマホカバーなどの、アクセサリーを購入しています。浮いたお金でスマホカバーを購入すれば、キズや汚れを防ぐことが出来てお得な気分になれます。